アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ズボラーさんが行く。 
ブログ紹介
人生は山あり谷あり、こんな時もそんな時も整理をしていたからこそ、
生活が崩れず、乗り越えてこられました。心の整理とモノの整理。
ズボラさんにこそ整理を!
京都の整理収納アドバイザー吉川裕子が、日々の思いをつづっております。
お気軽にお付き合いください。

画像
 ↑↑
HPはコチラ(セミナー募集も)

京都府向日市 収納サービ[COM](給g川工務店内
zoom RSS

6/6 オトカタ〈大人の片づけ〉カフェ

2019/04/15 16:12
2019年6月6日木曜日に

「オトカタカフェ」を開催します。


整理の事を、みんなでわいわいおしゃべりしませんか?


2ヶ月に1回、みんなでおしゃべりして

整理のエネルギーをチャージ



楽しく語って、整理のやる気を持ち帰って下さい。

そして、少しづつ家の中が整っていけばいいですね。




モノの整理に興味のある方、

お片づけに興味のある方なら、

どなたでもご参加いただけます。


クリックすると大きくなります↓↓
画像





お片付けが本当に苦手でお困りの方は 整理収納サービスをご覧下さいませ
モノの整理のご相談を承ります
京都府向日市 収納サービス[COM](給g川工務店内)
記事へトラックバック / コメント


SONGS 

2019/04/13 15:57
NHKの「SONGS」という番組に

井上陽水さんが出ておられて、インタビューを受けておられました。


その中で、「少年時代」という曲の歌詞で

夏が過ぎ、風あざみ・・・・・

というところがあって、この「風あざみ」というのは

本当にあるのかどうなのか、辞書で調べないといけないな〜と思いながら

調べなかった、ということをおっしゃってました。

心のどこかで、僕の仕事は真実を伝える事じゃない

「楽しければいい」と思っているところがある。

僕はこんなでたらめな仕事をしてきました。


なんて事をとつとつとお話しされているのが、

とてもよくて、今家族の間で、「でたらめに生きる」

という言葉がはやっています


もちろんでたらめに音楽をされてこられたわけじゃないだろうけど、

なんとなく、ほど良さ、というか、いい加減(良い加減)なところが

人間ってそんなものよね、ってホッとするところでもありますね。


適当にでたらめに生きても、真実を追究しながら真面目に生きても

人間は死ぬときに自分がどう思うかは、

そんなに変わらないんじゃないかと思いますね。

でたらめなわりに、いい人生だったなあと思うだろうし、

真面目に生きたら、頑張った人生だったなあと思うだろうしね。


だったら好きなように生きて、楽しければいいのじゃないのかと思います。

「でたらめに生きる」いい言葉




お片付けが本当に苦手でお困りの方は 整理収納サービスをご覧下さいませ
モノの整理のご相談を承ります
京都府向日市 収納サービス[COM](給g川工務店内)
記事へトラックバック / コメント


オトカタ〈大人の片づけ〉セミナー

2019/04/09 10:42
4月19日金曜日

大阪産経学園さんにてオトカタセミナーを開催します。

ご興味のある方、ぜひお越し下さいませ


大人の片づけ〈オトカタ〉とは、

人生の節目を迎えた人が、

人生を共にしてきたモノと向き合い、

自分らしい幸せな暮らし方をみつけるお片づけ

のことです



画像





お片付けが本当に苦手でお困りの方は 整理収納サービスをご覧下さいませ
モノの整理のご相談を承ります
京都府向日市 収納サービス[COM](給g川工務店内)
記事へトラックバック / コメント


向日市桜まつり

2019/04/06 21:40
桜まつりに行って来ました。

いいお天気だったので、すごい人出でした。

家族連れのかたが多かったですね。

暖かかったので、ビールを片手に

シートを敷いて、いい感じに盛り上がっておられました〜


画像
画像
画像


写真はお友達のYさん撮影




お片付けが本当に苦手でお困りの方は 整理収納サービスをご覧下さいませ
モノの整理のご相談を承ります
京都府向日市 収納サービス[COM](給g川工務店内)
記事へトラックバック / コメント


花冷え

2019/04/03 18:17
花冷え・三寒四温

日本には美しい言葉がありますね。

ここのところ、とても寒い日が続いています。


真冬ほど冷たい寒さではなく、

肌寒い感じですね



「花冷え」を調べてみると

−桜の花が咲く頃の寒さ−



春の暖かい日が続く中、低気圧が通過した後に

一時的に西高東低の冬型の気圧配置になることがあります。

この時、北寄りの風が強まって

厳しい寒さになります。


ということです。


調べてみなくても、意味を正確に知らなくても

「花冷え」のほうが、私にはぴったりきます。

知らなくてもいい知識もたくさんあるなと思う今日この頃です。




お片付けが本当に苦手でお困りの方は 整理収納サービスをご覧下さいませ
モノの整理のご相談を承ります
京都府向日市 収納サービス[COM](給g川工務店内)
記事へトラックバック / コメント


2019/03/29 17:01
今日はいいお天気ですね。

桜もちらほら咲き始めました。


今日は母の命日です。

46年前の今日、母が亡くなりました。

私が12歳の時です。

突然だったので、

悲しいという言葉ではとうてい表せないような、

生きてきた世界が足下から崩れるような

感じがしました。

心の中にぽっかり空いた穴に風がヒューヒュー通って

季節は春なのに、気持ちがぞくぞく寒かったのを覚えています。


昨日、信頼する友だちが「悲しいときは十分に悲しんだ方が良かったんだよ」と言ってくれて

私は子どもだったので、悲しむことを

してこなかったなと思いました。

どこかで現実を見て見ぬ振りをしたり、

悲しんじゃダメと思ったりしていたのかもしれません。


ずっと、桜が嫌いだったな〜

咲いて、満開でいさぎよく散っていく桜が本当に嫌いだった。

たぶん、この季節のにおいや、春になるちょっとウキウキしたまわりの雰囲気が

悲しかった頃の記憶を呼び覚まして、嫌いだったのかもしれないです。



もう半世紀近く前の話し。

お母さん、私は元気にしていますよ〜安心して下さい。

桜も好きになりました




お片付けが本当に苦手でお困りの方は 整理収納サービスをご覧下さいませ
モノの整理のご相談を承ります
京都府向日市 収納サービス[COM](給g川工務店内)
記事へトラックバック / コメント


人の気持ち

2019/03/26 16:59
傾聴の勉強をしています。

人の話しを聞けるようになって、

整理の仕事の役に立てばという思いで始めましたが、

「傾聴」を勉強すればするほど、

奥が深く、遠いものだなと感じています。



傾聴とは、人の話しを聞く事なのですが、

出来事や事柄を聞くのではなく、

その時その人はどんな気持ちなのか

と言うところに焦点をあてて聞いていきます。

どうしても出来事や事柄に耳を奪われがちですが、

気持ちを聴く、

ということなんだそうです。



人は感情の動物なので、

その気持ちを聞いてもらうと

「理解してもらった。わかってもらった。」という温かい気持ちになり、

やる気や生きていく力に繋がって行くそうです。



言うのは簡単なのですが、

このたった「聴く」ということがむずかしい

でも、このお勉強、先生や先輩に恵まれてとっても楽しい。

人の役に立てるようになれればいいなあ。




お片付けが本当に苦手でお困りの方は 整理収納サービスをご覧下さいませ
モノの整理のご相談を承ります
京都府向日市 収納サービス[COM](給g川工務店内)
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

収納サービス[COM]   給g川工務店内

画像
HPはコチラ↑↑

給g川工務店

画像
ズボラーさんが行く。 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる