ちかえもん

NHKの木曜時代劇「ちかえもん」
の最終回がとても素晴らしかったです。

曾根崎心中をモチーフに
近松門左衛門(ちかえもん)と万吉が織りなす
痛快時代劇といった枠を超えて感動しました。

特に最終回のちかえもんと九平次のやりとりはすごい!

「お初と徳兵衛の心中を浄瑠璃にして何があかんのや。
わしが書かへんかったら誰が書くんや。
死んでもの言えん2人を浄瑠璃で伝えて何が悪い」

このせりふと音楽にやられてしまいました。
ちかえもんをされた松尾スズキさん。
何を考えているのかわからないふわふわした役
だったのが、このセリフのときばかりは、
真剣なお顔。
好きになってしまいましたわ。

NHKさん、これからもこのようなドラマ希望致します。




お片付けが本当に苦手でお困りの方は 整理収納サービスをご覧下さい HP
京都府向日市 収納サービス[COM](㈲吉川工務店内)
お片付けが苦手でお困りの方は 整理収納サービスをご覧下さい
京都府向日市 収納サービス[COM](㈲吉川工務店内)

この記事へのコメント