テーマ:TV・映画

「チーム・バチスタの栄光」2

昨日、最終回だと思っていたら、違いました。 次週はまちがいなく、最終回です。 まぎらわしい予告だったのよね~ だいたいドラマっていうのは、最終回と思って意気込んで見ると、「へっ」みたいな感じで終わることが多いのですが、このドラマは最後まで引っ張ってくれましたよ。 医療ミスか殺人かまだまだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「チーム・バチスタの栄光」

ドラマの題名は↑だったと思うのですが、唯一このドラマ見てます。 なかなか面白くて、中ダルミは少しありましたが、来週いよいよ最終回です。 誰が犯人なんだろー? その中で、宮川大輔さんがなかなかいい味だしてます 調べてみたら、吉本の芸人さんなんですね~。 前にも、医療系のドラマで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ

暮れに『のだめ・・・』の再放送があり、はたきと雑巾をにぎりしめた中腰の格好で、がぶりつきで見てしまった・・・わたし。 おかげさまで、暮れの大掃除は、まあるく仕上がりました。 は~なんて玉木くんはあんなにかっこいいのかしら。 NHKの連ドラの花火職人・NHKの『氷壁』のマッチョな彼・そしてマエスト…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お正月

今年のお正月はDVDを4本観た。 よかった順に、①『それでもボクはやってない』          ②『魔女の宅急便』          ③『アンフェア』          ④『フラガール』 どれもよかったのだけれど、周防正行監督の『それでも・・・』は法廷劇を2時間半、よくあきさせずにみせたなあと、感心。考えさせられる一作で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そうよ。私はNHKのまわしもの!!

もうどっぷり、『ちりとてちん』にハマっている。 どの角度から見てもおもしろい。俳優さんはみなさんうまい!脚本はものごっつええ!音楽もまた涙を誘う使い方! でもやっぱり、渡瀬恒彦が最高。昨日の高座に上がる場面では号泣いたしました。 そして、師匠さん(渡瀬恒彦)がお弟子さんの高座を見守る目の優しいこと。 私は俳優さんには今にも泣…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ちりとてちん その2

『ちりとてちん』はやっぱりおもしろいです。 間合いというか、かけあいというか、そのテンポが私の笑いのツボにぴったりはまって、 いつも、心底笑ってます。 『花より男子』もツボにはまってたのですが、実は脚本家が同じだったのです~。 どうりで『花男』もハマってたわけです。 主人公の貫地谷しほりさんもいいですが、そのお父さん役…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デスパレートな妻たち

『デスパレートな妻たち』というDVDを見ている。 アメリカのコメディサスペンスなのだが、とてもおもしろい。 デスパレートというのは『崖っぷち』という意味らしく、妻たちに様々なことがおこっていく。 見ていていいのは、結構長いシリーズなのだが、主演の4人の女性の個性がぶれないっていうところ。 日本のドラマは、結構今まであんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画のつづき

映画は友達とふたりで観に行きました。 映画をみた後、頭はまだ『デイジー』のまま、足は今話題の「一澤帆布」(イチザワハンプ)へと・・・。 私は20年ほど前、まだ「一澤帆布」さんが店舗を改修されてないころに、買いに行ったことがあります。がらがらと戸を開けてはいっていくと、所狭しと布が置いてあり、上からたくさんのかばんが無造作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画『デイジー』

今日は、お仕事全面お休みで、映画見てきました。 韓国映画『デイジー』です。よかったです。 おすぎさんだったかピーコさんだったかが「よかったわよ~。ぜったいみてよ」ってTVで言われていたのだけれど、本当にいい映画でした。 出演者は『私の頭の中のケシゴム』のチョン・ウソン、『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョン。 でもどこかで観たタ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

TV

お客様のお家にうかがって「ここのリビング、他の家と、どこかちがうな」と思って考えてみると、TVがなかった。 今はどのお家もリビングに大きなTVが置いてある。液晶の大きなTVであるほどいいらしい。 私もTVは好きなので、TVのない日常など考えられない。でもTVがなければいろんなことがもっとスムーズに進むだろうなと思うことは多い。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画

今日は一日お休みをいただいて、娘とデートとなりました。 どこに行こうかということになり定番の映画へ。『森のリトル・ギャング』は前に観ているので、『ゲド戦記』にしようかなどと言いながら、結局『釣りバカ日誌17』に。 シアター内は、高齢の方が多く、夏休みの親子連れというのは私達だけで、浮いてました~。 でも、考えてみれば高齢の方の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『東京タワー』

リリーフランキーの東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~を読んだ。 おかあさんが、がんで亡くなられたことが書かれてあった。 本の帯には「号泣した」なんて載っていたが、私はあまりにも自分の母親と状況が似ていたので、本の中で、おかあさんががんになられてからは、「本が早く終われ早く終われ」と願って読んでいたような気がする。 病院の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more