人生フルーツ

映画「人生フルーツ」を鑑賞。
ナレーション:樹木希林
プロデューサー:阿武野勝彦


京都シネマで「人生フルーツ」上映最終日に観てきました。

良かったです~

お二人暮らしの90歳と87歳のご夫婦の

ドキュメンタリーで、

「毎日のやること」を

淡々とこなしておられる映像が続きます。

庭にはたくさんの野菜やフルーツが

植えてあって、それらのお世話が日課です。



映画の中で印象的だったのは、

障子の張り替えの場面での、

奥様が語っておられた言葉。

「障子は多いから、業者さんに頼めばって

言ってるのだけど、(夫は)自分で張り替えるって言うのよね。

こうして手をかけて、こつこつ(張り替えを)やっていると

いろんな事が見えてくるんだ、って言うのよね」


そして、ご主人が亡くなった後、また奥様が

「主人についてきた人生だったから、亡くなったらどうしていいか

わからなくて、むなしくなることがあるの。

でも、主人が、手をかけて、こつこつやっていると

いろんな事が見えてくるんだ、って言ってたから

今までどおり私も、手をかけて、こつこつやっているの。

そのうち、どうすればいいかがわかるかもしれないと思って」


言葉は正確ではありませんが、

その場面がとても印象に残りました。


映画の中の言葉にいやされて

映画の中で吹く風にいやされて、

とても豊かな気持ちになりました。




最後、映画館から出て行くとき、

おばさまのお二人連れが

私は「人生、冷凍食品」やわ!あはは~

って、そうそうここはお笑いの殿堂関西やったんや!

とふと気づきました(^^)



どう生きてきたかは、自分が一番よくわかっていること。

一所懸命生きていれば

「人生、冷凍食品」でも「人生、レトルト」でも

OKなんですよね。

含蓄の深いお言葉でした。




お片付けが本当に苦手でお困りの方は 整理収納サービスをご覧下さいませ
「お家の整理を自分でなんとかしたい」と思っている方整理収納コーチングを受けてみませんか?
京都府向日市 収納サービス[COM](㈲吉川工務店内)
お片付けが苦手でお困りの方は 整理収納サービスをご覧下さい
京都府向日市 収納サービス[COM](㈲吉川工務店内)

この記事へのコメント